35歳転職限界説というのがありますよね? これは、35歳以上だと転職できないというものです。 いまだにこのような噂がありますが、実際のところ、どうなのでしょうか? 結論からいうと、35歳転職限界説は過去の話になっています。 一昔前までは確かに、35歳転職限界説というのも、あながち嘘ではありませんでした。 昔は年功序列だったので、35歳以上の人が中途で入社しても扱いに困ってしまうため、採用を見送るところが多かったのです。 しかし、今は年功序列が崩れたため、35歳以上でも能力があれば積極的に採用する企業が多くなりました。 今はどの企業も、生き残りに必死ですから手段を選んでいる場合ではないのでしょう。 会社にとって必要な人材だと判断された場合は、35歳以上でも転職することは可能だと思ってください。 確かに、若い世代の方が採用されやすいですが、即戦力を求めているような会社の場合、経験と知識がある30代を必要としています。 そのため、35歳を過ぎているからといって、再就職を諦める必要はありません。