エラ削りとクリニックによる違いの感想

一国も早く解決したい昔からの悩み

一国も早く解決したい昔からの悩みどこで受けるかはよく調べて決めよう

小さな頃から少しエラが張っていた顔が大きく見えるかなタイアことは気になっていましたが、幼い頃にはそれほど気にはしていませんでした。
でも成長して思春期に突入する頃には、周りからも冷やかされたりとかなりコンプレックスになってしまっていました。
大人になってももちらんエラがなくなることはなくて、異性に対して積極的になることもできず髪の毛でどうにかエラを隠して生活するという日々でした。
このままではダメだと思い、正解を考えるようになり始めましたがその頃にはまだ社会人として働き始めたばかりだったので金銭面で余裕もなく諦めるしかないかなと思っていました。
しばらくお金を貯めることにしましたが、一刻も早くどうにかしたいという気待ちが芽生えるようになり、思い切ってクリニックを探すことにしました。
数多くのクリニックがあり、エラ削りに必要となる費用や施術内容にも違いがあるということがわかったのでかなり悩みましたが、とりあえずカウンセリングを受けに行ってみようと思いました。
カウンセリングも予約をしてから行ったので、待ち時間も短くてすんなりカウンセリングしてもらうことができて良かったです。
カウンセリングではエラに関する悩みや施術を受ける際に必要になる料金、そしてリスクや保険の内容もわかりやすく教えてもらうことができました。
でも、やはりその場で決めることはできなかったし、他のクリニックにも行ってみようと思ったので後日違うクリニックにも行きました。
そこで感じたことが、クリニックによって医師の対応には大きな違いがあるということと、料金にも違いはあるということでした。
複数の病院に行ってみたからこそ、信頼できる医師で相性も良い医師のいる病院を選ぶことができ、信頼できると思ったので施術を受ける決心しました。
当日にはかなり緊張しましたが、医師や看護師の人が改めて丁寧な説明をしてくれたので心を落ち着かせることができました。
いざ施術が始まると、全身麻酔ということもあり意識はすぐになくなりました。

エラ削りはダウンタイムに注意

男性っぽい雰囲気の顔を女性らしくしたくて、社会人になったのを機に美容整形を受けることに決めました。クリニックのモニターで実際に受けた人のビフォーアフターを見せてもらい、これなら自分でもかなり印象を変えられると確信し、実際に受けることにしました。モニターではシミュレーションも行ってくれて、施術を受けた後の自分も確認できました。その画像が正に理想どおりでしたので、エラ削りの施術にはかなり期待が持てました。
行ってもらっている間は麻酔が効いていて意識がないので良いのですが、術後は痛みが強くてつらい時間を過ごしました。こんなに痛いとは思っていなくて、痛みだけは後悔した部分です。術後すぐから強い痛みが襲ってきてピークは3日目くらいでしたが、そこからは少しずつ痛みも引いて来てご飯を食べられるようになってきました。腫れがずい分引いたと感じたのは2週間くらいが経過したころでしたので、術後のダウンタイムには注意が必要だと感じます。
仕上がり具合は本当に満足していて、パッと見た時の印象はずい分変わりました。あまりにも変わってしまったので整形を受けたことを皆に知られてしまうのではないかとビクビクするくらい綺麗になれました。